群馬県中之条町で住宅中心に設計活動をしている建築家 田中伸明が主宰する建築設計事務所 アトリエN 自然素材中心に仕上げる健康と環境に負荷をかけない住宅を提案
Home
インフォメーション
住まいづくりについて
設計事例
プロフィール
リンク集
お問い合せ
+ 001 + 002 + 003 + 004 + 005 +
001・住宅設計にあたっての考え方 INDEXBACKNEXT
住宅設計とは、建て主の夢の空間である“住まい”をともに考えさせていただく行為であり、建て主主導の家づくり、そして、建て主の理想とする住まいをめざして設計しています。デザイン性ばかりではなく、それぞれの敷地条件や建て主の要望に応じて工法・構造を提案。当然ながら、街並や周辺環境を考慮し、人や自然環境に負荷をかけない“住まいづくり”に取り組んでいます。
現在、江戸時代後期に建てられたという実家の一角を事務所にリフォームして活動していますが、居心地も良いし、柱や梁も今の住宅よりかなり頼もしい造りです。湿気の多い日本では、無垢の木など自然素材を使うことで、結露対策にもなります。室内環境だけでなく、実際リフォームで、屋根や床を剥がすと合板の下地よりも無垢板の下地の方がしっかりとしている気がします。昨今の住宅の性能を数値化し、工業製品化しようという動きにはかなりの抵抗を感じ、技術や材料が進歩した現代においても、日本の長い歴史の中で育まれた先人の知恵も決して無視できないと感じています。「豊かさや心地よいという感覚は数字では表せず、見ためや触れたときの温もり、香りなど五感で楽しめる住まいを目指したい。」こんなことを考えながら、設計活動をしています。

INDEXBACKNEXT pageup




Copyright 2003-2008, Atelier N. All Rights Reserved.